住まいを美しく快適にしてくれる掃除機を知ろう

掃除機レンタルページ

種類

洗剤

キャニスタータイプというのは、掃除機の中でも王道の形状です。ゴミを集める本体部分にキャスターが付いていて、キャスターを転がしながら移動させることが出来るものです。キャスターが付いているので安定感があり、方向転換も簡単で小回りが利きます。最もスタンダードな形状ということもあり、掃除機の中でも種類が多く取り扱われています。ゴミを集める方法、廃棄方法、形状、車輪の構造など、メーカーによって変わってきます。

ハンディタイプというのは、手で本体を持ち運ぶことが出来るコンパクトな形状です。また、大半はコードレスなのでどこにでも持ち運ぶことが出来ます。キャスタータイプに比べて軽量なので、丈夫のホコリやゴミも吸い取ることが出来ます。テーブルの上、キーボードに詰まったゴミなど高い位置での掃除に最適です。収納もコンパクトとなりますので、狭いスペースにも置いておくことが出来ます。本格的な掃除をする目的ではなく2台目として購入される絵場合が多いです。

スティックタイプは、細長い形状をしていて、軽々持ち運びできるタイプです。ハンディタイプと似ているのですが、ハンディタイプに比べて容量が大きいです。また、細長いので小さい収納面積となり、隙間に収納しておくことが可能な掃除機です。

部屋の中を自動で掃除することが出来るロボットタイプは、近年注目されています。自分で掃除機を動かす必要がなく、電源を入れているだけで隅々までホコリやゴミを吸い取ります。手が空かないといった場合や、掃除が苦手な一人暮らしの人に最適な掃除機です。

↑ PAGE TOP